スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.09.06 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

試合にむけて


世界マスターズベンチ大会が終わり、これからは世界選手権があります。

私は出ない(出れない)のですが、出場選手の練習を見たり情報を得ることは非常に勉強になります。


よくジムで世界王者のN山さんからアドバイス頂く時に
“やりきらないと試合に出ない”
という事を感じます。

試合に向けて、日々どれだけの事を練習出来ているか?

その姿勢などがトップクラスの選手なのでしょう。

いかなる事も言い訳にせず、最悪の状態でも結果を残せる様に想定して練習されてます。


試合までの過程が大切。
それを切に思います。

これはベンチだけでなく、色々なアスリートの方とお話をする時、ほとんどの方が共通する部分です。


最後になりましたが、世界マスターズベンチに出場された代表選手の皆様、お疲れ様でした!


世界マスターズベンチ


現在、デンマークのコペンハーゲンで世界マスターズベンチ選手権が行われようとしております。

マスターズとは、40歳以上の選手が選考試合で好成績を納めた選手が出場出来ます。

パワエリさんのブログなどでも有りましたが、事情で直行便が変更になり 給油やら経由やらで、24時間くらい掛かって到着したみたいですね(--;)


コンデションを保つのに大変そうですが、日本代表選手、頑張って欲しいです!!


コントロール

ちょっとマニアックな話ですが…(苦笑)


ベンチプレスをする時に、色々な所を意識したりして練習をしていきます。


ただ、知らず知らずの内に“出来ているだろう”と思っていた所の意識が抜けていたり、そう言えばあの感覚は…あれ??という部分も有ります。

昨日、仕事後にちょっと考えた結果、出来ている筈の意識が抜けている事を発見!

これを修整したら、もしかしたら…と思う事もあります。

些細な事だけど、やってみる価値は有ると。


秋に向けて、カスタムシャツの情報も入ってきましたし、頑張ります!!


経験の競技である理由が解るような気がします。



ダメージ。

昨日、試合後に感じていましたが、今回はいつも以上に身体のダメージが有る様です。


終わって家に帰ると、どっと疲れが出ました(苦笑)

あまり大したことはしてないんですが…(--;)


一晩明けても、身体のダルさが凄いです(苦笑)
あちこち痛いし、右足の動きも悪いです。


試合後にこうなるのは、初めてです。

しばらく試合は無いので、少し休んでやりたくなったら、またやることにします。


試合結果です

今日は東京ベンチでした。

結果は265一本のみ成功でした。

しかもその一本もオマケみたいなモノです。
頭が浮いてたし、失敗みたいな試技でした。

これが今現在の実力です。


勇輝君が目の前で300キロを成功させました。

僕も頑張ります!!


応援して下さった皆様、本当にありがとうございました!


試行錯誤。


シャツは相変わらず悩んでおります。

正直、全日本の時に使っていたシャツは身体のサイズが変わったせいか、しっくり来なくなっています。

昨年度に出会った300キロが狙えるシャツに、早く出会える様にしたいです。

今度の東京大会は、ほぼぶっつけ本番です(苦笑)
一回しか着てないシャツで挑みます。


逆に何処まで押せるか、試していけたら…と思います。

さて、あと3日で2キロ落とします(笑)



うぅ…。

今日はベンチの練習でした。

東京ベンチまで、最後の練習です。

しかーし…。

体重が増えたというか、コントロール出来ずに暴力的にメチャクチャな感じでした(--;)


見かねたオーナーからの助けが…。

当日はそれで行きそうです…(涙)



あ!

気が付くと大会まで1週間を切ってました(苦笑)


具体的な策などは考えてませんが、試合に出るという雰囲気と準備は自分自身の経験と財産になる。

そう思います。


三連発。


先日、世界ベンチ大会のノミネーションを見せて頂きました。

各階級、かなりレベルが高い感じですね(--;)


今回は凄い顔ぶれになっております。
さすが世界大会。


まだ少し先ですが、日本代表選手、頑張ってください!

頑張ろう、ニッポン!!


東京ベンチプレス大会

4月9日(土)に、駒沢体育会で行われます。

昨日の理事会で正式に開催される事が決まりました。

…地震の影響で、本心としては“やる事”を前提として練習していましたが、複雑な気持ちでした。


でも決まったからには、精一杯出来るだけのパフォーマンスを出せる様にしたい。
(グダグダだけど…)

目に見えないけど、開催する事で何かエールを送れるかもしれない。


いつでも、その気持ちはこの胸にある。


それはきっと、出場選手や協会の方々の胸にある。
深く刻み込まれていると思います。



最新の投稿

カテゴリー

過去の投稿

プロフィール

リンク集

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM